MENU
こんな症状に覚えはありませんか?あきらめずにしっかり治療を行えばこんなに変わります

歯が凸凹と重なり合っている【叢生(そうせい)】

歯が凸凹と重なり合っている

乱ぐい歯または八重歯などがこれにあたります。
歯の大きさと顎の大きさがアンバランスにより、歯が部分的に重なりあってしまう状態。
凸凹なので歯が磨きにくく、そのせいで虫歯や歯肉炎などの症状を起こしやすくなります。

Before
After

上の前歯が出ている【上顎前突(じょうがくぜんとつ)】

上の前歯が出ている

一般的に「出っ歯」と呼ばれています。
上顎の前歯や歯列全体が前方に出ている状態です。唇も閉じにくくなります。

Before
After

受け口のせいで、下顎が出ているのが気になる【下顎前突(かがくぜんとつ)】

受け口のせいで、下顎が出ているのが気になる

「反対咬合」「受け口」がこれにあたります。上顎前突(出っ歯)の反対で下顎の前歯が上顎の前歯より前に飛び出ている状態。
上顎が後方に引っこんでいる骨格性症状や遺伝的な要因の他、上唇を噛んだり、下を突き出すなどの癖が原因となっています。
上手に噛めないだけでなく、発音にも影響が出ることもあります。

Before
After

口を閉じても前歯が噛み合わず開いてしまう【開咬(かいこう)】

口を閉じても前歯が噛み合わず開いてしまう

口を閉じても奥歯は噛んでいるのに、上下の歯が開いたままで噛み合わない状態。
子どもの頃の指しゃぶりや、舌を突き出す癖などが原因でなることがあります。
前歯で食べ物を噛み切ることも難しくなり、正しい発音もできなくなります。

Before
After

  • 0743-71-8817 奈良県生駒市北新町12-38 ビアンプラッセ 2F
  • 奈良県生駒市の本多矯正歯科へのアクセスマップ
© 2015 本多矯正歯科 株式会社トレンドメイク